レーザーによるタトゥー(刺青)除去について

  

「レーザー」によるタトゥー(刺青)除去の仕組み

レーザーがタトゥーを除去できるのは、次の2つの作用があるからです。

 (1)光熱作用
レーザーがタトゥーの染料にあたると、強い熱を生じます。この高熱作用でタトゥーの染料が燃焼してしまいます。 レーザー照射直後から、少し色が抜けるのはこのためです。
 (2)衝撃作用
熱と同時に発生した衝撃が、タトゥーの染料を粉砕します。粉砕された染料は体内の「ゴミ」となり、自然にあなたの体がゆっくりと体外に排除してくれます。この体の働きは非常にゆっくりとしか進みません。よって、照射後は少しずつ、さらに色が薄くなってきます。

1回の照射後、すでに粉砕されている染料が完全に排除されてから次の照射を行った方が、照射回数が少なくてすむのは言うまでもありません。この反応に、約3ヶ月必要ですから、ベストな照射間隔は3ヶ月以上となります。間隔は、1年以上でも問題ありません。長い分にはOKですが、短いのは問題です。

最低2ヶ月は間隔がないと、二次性の色素沈着が治まっていません。色素沈着がある間に次の照射を行うと「色素脱失」や「肥厚性瘢痕」の原因となります。

「レーザー」によるタトゥー(刺青)除去のリスクについて

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ



当院では「QスイッチYAGレーザー」を使用しております。

なぜQ-YAGレーザーなのか?
タトゥーレーザー除去に使用されるレーザーには、Qスイッチ機能というものが付いています。これは、機械内部で増幅されたレーザーを、非常に短い一瞬だけシャッターを開くことで強力に照射する機能です。Qスイッチ機能を持つレーザーには、QスイッチYAGレーザーの他に「Qスイッチルビーレーザー」「Qスイッチアレックスレーザー」がありますが、いずれもYAGに比べて波長が短く照射径が大きいため、色素量の多いタトゥーでは熱が発生し過ぎて、『色素脱失』のリスクがやや高くなってしまいます。

「レーザー」によるタトゥー(刺青)除去の施術の流れについて

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ

東京イセアクリニック タトゥー除去写メールカウンセリング

QRコード

東京イセアクリニックでは、写メールでのカウンセリング、料金案内も行っております。相談されたい御自分のタトゥー・傷痕を、大きさの比較対象(500円玉・ものさしなど)といっしょに、体のどの部位のものかも分かるよう撮影し、右記QRコードかメールアドレス[tattoo@isea.jp]まで送信してください。ご希望の治療法をご記載ください。(レーザー or 切除 or 植皮)

<注意>メール内に、【お住まいの都道府県名】【お名前(フルネーム)】【年齢】【性別】【ご連絡先電話番号】を必ず明記してください。また、ドメイン指定拒否や、パソコンからのメールを受信しない設定にしている方は解除した上でお送りください。

先日テレビの報道番組で取材を受けた影響もあり、写メールカウンセリングのご依頼が大幅に増えております。カウンセリングにはドクターが1通1通丁寧にお返事を書かせて頂いておりますので1週間から10日程お時間頂く場合もございますので、ご了承下さい。

東京イセアクリニック
無料相談案内 0120-963-866
お電話・メールでもカウンセリングをお受け頂けます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ