切除術によるタトゥー(刺青)除去について

  

タトゥーを最も確実に完全除去できる方法が"切除術"です。

切除術とはタトゥー(刺青)の入った皮膚を切り取り周囲の皮膚を縫い合わせる除去方法です。
難点は必ず手術痕が残ることですが、3~6ヵ月で赤味はとれ、除々に目立たなくなっていきます。

但しタトゥー(刺青)切除術は皮膚を切り取る手術なので、縫合部には両側から強い緊張(引っ張る力)がかかります。そのため、数年単位の経過の中で少し傷に太さが出る場合があります。盲腸の手術や切り傷の痕と比べるとやや目立つ傷になる可能性があると考えなければなりません。タトゥー(刺青)切除術は、タトゥー(刺青)を入れる前の状態に戻す手術ではなく、タトゥー(刺青)を事故や怪我の痕としてごまかす為の手術です。まず、この部分の認識がとても大切です。

タトゥー(刺青)は、そのままの形で皮膚を切り取っても縫い合わせることができません。切除のデザインは様々ありますが、タトゥー(刺青)が入っている部位の皮膚の伸び具合を考えながらデザインするため、タトゥー(刺青)が入っていない通常皮膚の部分も切り取ってしまうことになります。
当院でも刺青の形や部位によりジグザグに縫合することもありますがジグザグ にすることでかえって、目立ったり不自然になることもあります。どのように切除するのが一番良いのかを一つ一つの症例で考えることが大切なのです。

タトゥー(刺青)切除術では、タトゥー(刺青)が入っている皮膚を切り取るばかりでなく、その下の脂肪層まで切り取ります。さらに脂肪層下(筋肉の上)でやや周囲に剥離し、十分に止血した後に引き寄せて丁寧に縫合します。

切除の方法には、1回の手術でタトゥー(刺青)全体を切り取り縫合する『単純切除術』と、2回以上に分割して切除する『分割切除術』があります。

【単純切除術の適応となるタトゥー】
小さめのタトゥーや皮膚に余裕がある部位のタトゥー(刺青)であれば、1回の切除で除去できる可能性が高いです。但し、手足の指や足の甲,足首など皮膚の余裕がほとんどない部位では小さなタトゥー(刺青)でも分割切除となります。ご自分のタトゥー(刺青)が1回で切除可能かどうかは、皮膚をつまんでみれば分かります。タトゥー(刺青)部分を簡単に全部つまめるのであれば1回の単純切除で除去可能ですが、つまむことができない、またはつまむとかなり突っ張るようであれば分割切除が必要です。
【分割切除術】
単純切除ができないタトゥー(刺青)は、複数回に分けて切除します。皮膚は引っ張り続けると徐々に伸展します。3ヵ月以上の間隔を空けながら術を繰り返すことで、無理なく大きなサイズの皮膚を切除できます。
また、幅が小さくても、腕や足,指で全周性(1周ぐるっと)に入っているタトゥー(刺青)には必ず分割切除が必要です。傷が固くなり(瘢痕拘縮)絞めつけることで血行障害を引き起こす可能性があるためです。また、1回の単純切除で除去可能なタトゥー(刺青)でも、分割切除とすることで傷痕はキレイに仕上がります。最終手術の切除面積が小さくなることで傷の長さが短くなり、創部の緊張が軽くなることから術後に傷が太くなることも防ぐことができます。
【分割切除術】
もちろん、背中全面といったかなりの広範囲のタトゥー(刺青)は切除できません。腕や足,指で幅広くほぼ全周性に入っているタトゥー(刺青)も、多数回に分割しても切除は不可能です。幅が狭ければ縦に縫い縮めることができますが、幅が広いと(上腕全部など)縦に縫い縮めることは不可能になります。これらのタトゥー(刺青)は、レーザー除去または植皮術の適応となります。

「切除術」によるタトゥー除去のリスクについて

「切除術」によるタトゥー除去施術の流れについて

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ

東京イセアクリニック
無料相談案内 0120-963-866
お電話・メールでもカウンセリングをお受け頂けます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ