お腹(腹部)のタトゥー切除方法について

  

お腹(服部)のタトゥー除去は分割切除術かメッシュ植皮術の適応です。

腹部は比較的皮膚に余裕があるので、大きめのサイズのタトゥー(刺青)でも少数回の分割切除で除去可能です。脂肪が非常に多い人の場合、傷の治癒が悪くならないように皮下脂肪も一緒にやや多めに切除します。血腫を防ぐため、数日の間ドレーン(貯留した血液を体外に導く管)を留置する場合があります。

おへそ(臍)を取り囲むようなタトゥー(刺青)は切除が困難なため、植皮が必要になります。体幹の動きに合わせて動く部位ですので『ずれ』に強いメッシュ植皮術を用いますが、大きく動くとメッシュ植皮術でも生着しませんので、術後には腹帯(腹部のサポーター)を使用して頂きます。

「分割切除術」についてはこちら

「メッシュ植皮術」についてはこちら

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ

東京イセアクリニック
無料相談案内 0120-963-866
お電話・メールでもカウンセリングをお受け頂けます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ