足の裏(足掌)のタトゥー切除方法について

  

足の裏(足掌)のタトゥー除去はレーザー除去術か切除術の適応です。

足の裏にタトゥーが入っている方は非常に稀ですが、ケースとして多いのは外傷性タトゥー(怪我によるタトゥー)です。
何かを踏みつけた怪我の痕がタトゥーとして残っている場合、まずはレーザー除去を試みますが、反応が悪い場合には切除を行います。ほとんど他人に見られることのない部位ですので大きなサイズの切除はお勧めできません。小さな濃い部分のみ切除するのであれば、特にシーネ固定(簡単なギブス)などは必要ありません。

「レーザー除去術」についてはこちら

「切除術」についてはこちら

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ

東京イセアクリニック タトゥー除去写メールカウンセリング

QRコード

東京イセアクリニックでは、写メールでのカウンセリング、料金案内も行っております。相談されたい御自分のタトゥー・傷痕を、大きさの比較対象(500円玉・ものさしなど)といっしょに、体のどの部位のものかも分かるよう撮影し、右記QRコードかメールアドレス[tattoo@isea.jp]まで送信してください。ご希望の治療法をご記載ください。(レーザー or 切除 or 植皮)

<注意>メール内に、【お住まいの都道府県名】【お名前(フルネーム)】【年齢】【性別】【ご連絡先電話番号】を必ず明記してください。また、ドメイン指定拒否や、パソコンからのメールを受信しない設定にしている方は解除した上でお送りください。

先日テレビの報道番組で取材を受けた影響もあり、写メールカウンセリングのご依頼が大幅に増えております。カウンセリングにはドクターが1通1通丁寧にお返事を書かせて頂いておりますので1週間から10日程お時間頂く場合もございますので、ご了承下さい。

東京イセアクリニック
無料相談案内 0120-963-866
お電話・メールでもカウンセリングをお受け頂けます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ