足の裏(足掌)のタトゥー切除方法について

  

足の裏(足掌)のタトゥー除去はレーザー除去術か切除術の適応です。

足の裏にタトゥーが入っている方は非常に稀ですが、ケースとして多いのは外傷性タトゥー(怪我によるタトゥー)です。
何かを踏みつけた怪我の痕がタトゥーとして残っている場合、まずはレーザー除去を試みますが、反応が悪い場合には切除を行います。ほとんど他人に見られることのない部位ですので大きなサイズの切除はお勧めできません。小さな濃い部分のみ切除するのであれば、特にシーネ固定(簡単なギブス)などは必要ありません。

「レーザー除去術」についてはこちら

「切除術」についてはこちら

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ

東京イセアクリニック
無料相談案内 0120-963-866
お電話・メールでもカウンセリングをお受け頂けます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ