手首(手関節)のタトゥー切除方法について

  

手首(手関節)のタトゥー除去は単純切除術か分割切除術の適応です。お急ぎの方は、シート植皮術かメッシュ植皮術の適応となります。

手首はある程度皮膚に余裕がある部位なので単純切除,または少数回の分割切除で除去可能なことが多いですが、手首は日常生活において非常によく使う関節なので、術後には傷が開く方向へ手首を曲げることを 注意深く制限しなければなりません。シーネ固定(簡単なギブスのようなもの)までは必要ありませんが、ご自分での注意が必要です。

それでもお急ぎの場合には植皮しか方法がありません。この場合、「ずれ」に強いメッシュ植皮術の適応となります。シート植皮を行うにはややリスクが高い部位ですが、術後の見た目をできる限り美しく仕上げるために用いることがあります。シート植皮,メッシュ植皮ともに、術後はシーネ固定が必要です。

「単純切除術」についてはこちら

「分割切除術」についてはこちら

「シート植皮術」についてはこちら

「メッシュ植皮術」についてはこちら

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ

東京イセアクリニック
無料相談案内 0120-963-866
お電話・メールでもカウンセリングをお受け頂けます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ