手のひら(手掌)のタトゥー(刺青)の切除法について

  

手のひら(手掌)のタトゥーの切除は部位によって術式が変わります。

拳を握っても指で隠れない範囲(親指・小指の下?手首の盛り上がっている部分)

他の部位と同じく、切除して縫い合わせることが可能です。

拳を握ると指で隠れる範囲(人指し指?薬指の下の平らな部分)

切除して縫い合わせることはできません。植皮が必要となります。
手のひら(手掌)の植皮には、全層植皮術を用います。
全層植皮術後は2週間のシーネ固定(簡単なギブスのようなもの)が必要です。

「全層植皮術」についてはこちら

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

注意!墨汁と待針で入れた黒1色のタトゥー(刺青)はレーザー除去で十分。切除は不要です。

自分彫りのタトゥー(刺青)は自分で痛みを感じながらタトゥー(刺青)を入れているので、ほとんどの場合浅い層に少量の墨で入っているため、1回のレーザー照射でもかなり薄くなります。ほとんどわからないレベルまで消える場合も多いです。数回のレーザー照射で完全除去が望めますので、切除は不要です。
友人や恋人といった他人の素人彫りのタトゥー(刺青)の場合、部分的に深く入っていることもあり自分彫りのタトゥー(刺青)よりややレーザーの反応は劣りますが、それでも高確率でレーザーでの完全除去が期待できるので、やはりレーザー除去が第一選択となります。但し、墨汁ではなくインクでタトゥー(刺青)を入れている場合はレーザー除去の反応はあまりよくなく、切除も選択肢に入ってきます。

  • 無料写メールカウンセリングはこちら
  • カウンセリング予約はこちら

ページトップへ

東京イセアクリニック
無料相談案内 0120-963-866
お電話・メールでもカウンセリングをお受け頂けます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ